<< ロング タッピーシェイプ | main | 9時30分なみ >>

FIN

 

FIN DESIGN

 

ボード性能を引き出すフィンの基礎知識ほっしぃ

 

 

わさださんから、

 

あんた、ちゃんと分かっとらんから読んどき

 

っとkyu

 

 

う〜ん、確かにムスっ

 

例えば

 

『FISH KEEL』

 

ツインフィッシュ用のデザイン

 

伝統的なスタイルは木製で両面フォイル

 

フィン後方がストレートラインという特徴

 

 

『Dフィン』

 

クラシックな60’スタイル

 

トリム時の直進性、ノーズライドの安定は抜群

 

 

『CUT AWAY』

 

フィンのベース部分に切り込みが入る事により

 

回転性を高めたデザイン

 

エリアを広めに残すために

 

ホールド性との両立を果たしている

 

 

などなど、非常に分かりやすく勉強なる!!!

 

なるほど

 

 

丁度、追加したフィンも入荷してきました矢印

 

 

フィンは

 

AREA・BASE・HIGHT・RAKEから構成されていて

 

それぞれで役割が変わってきます

 

 

面積が広いほどホールド性は増す

 

フィンの底部はドライブ性能に大きな影響

 

フィンの高さはホールド性とコントロール性

 

フィンの角度は

 

大きな円のターンや半径の小さいターンへの影響

 

 

フィン一つでも奥深いですゆう★

 

 

 

フィンスタンド

 

680YEN(+TAX)

 

 

ロングのフィンなどに最適

 

インテリアにもなりますよ星

 

 

JAMカード

 

無金利セール開催中

 

10回払いまで無金利ですSMILY

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM